第一次上田合戦(神川合戦)徳川勢を払いのけ、信濃に真田ありと知らしめた戦い

第一次上田合戦(神川合戦)

上田合戦 合戦場マップ

徳川・北条の領地争いの末、真田昌幸公が徳川家康にそむくかたちで起った第一次上田合戦、関ヶ原の合戦の前哨戦となった第二次上田合戦。二度にわたり徳川軍を撃退した上田合戦の重要なポイントとなった場所を紹介します。

バードビューで合戦場マップを見る(PCのみ・ブラウザによっては表示できない場合がございます)
Googleマップで合戦場マップを見る(PC・モバイルの方)

※掲載している情報には諸説あり、上田軍記をベースに掲載しております。

時代背景

武田氏滅亡後、真田昌幸公は、織田氏家臣・北条氏・徳川氏とわたり臣従していきました。 徳川氏と北条氏は領地争いをしていましたが、徳川家康と北条氏直との間で和睦が成立しました。和睦の条件として、徳川家康は、真田昌幸公が持っている上州沼田を氏直に引き渡すよう指示を出しました。しかし、真田昌幸公は徳川に就き、それまでの働きに対しての恩賞もなく、その上、上州沼田の領地まで差し出せという指示に「沼田は自分の力で得た領地、北条に渡す謂(いわ)れはない。」と、拒絶しました。 怒った家康は上田城への攻撃を決意します。真田昌幸公は、徳川氏から離れ、次男真田信繁公を人質にして、豊臣秀吉と和睦していた上杉景勝に属することにしました。

天正13年(1585年)閏8月2日、合戦準備

天正13年(1585年)閏8月2日、徳川の先陣役七千が佐久を経て八重原に陣を張りました。真田昌幸公は、上田城の城下に千鳥掛の柵を配備して、五百の兵とともに篭城しました。

※千鳥掛の柵
城外に向け八の字に開いた柵。場内から進むと狭くて通りにくいくふうがされていたという。

徳川勢の出陣

徳川勢は、八重原から出陣して長瀬河原から猫ノ瀬を渡って信濃国分寺方面へと進みました。
これに対して、昌幸公は息子の信幸公と信繁公にそれぞれ数百の兵を与え、神川近くに陣を構えさせました。

真田勢の戦略的退却

真田勢は、神川を渡り進軍してきた徳川勢を信濃国分寺近くで迎え撃ち、小競り合いをしながら、誘うように退却しました。
徳川勢は誘いとも知らず、そのまま信幸・信繁勢を追撃して、上田城近くまでやってきました。
追撃された信幸公・信繁公勢は、そのまま三の丸の横曲輪に入りました。
徳川勢は、勢いに乗じてそのまま大手門を突破し、二の丸へ攻撃を仕掛けました。

真田勢反撃開始

その時、昌幸公は五百の兵で二の丸から打って出ました。
これに併せて、信幸公・信繁公も横曲輪よりも側面から攻撃を開始するとともに町屋に火を掛けました。
不意を衝かれた徳川勢は、慌てふためき退却を開始したが、攻めの時には気にならなかった千鳥掛の柵が邪魔になり、進退を失い多くの兵を失います。さらに、退却する徳川勢を信幸と信繁は、国分寺あたりまで敵を追い討ちました。

信幸公・信繁公、徳川勢を撃退

退却する徳川勢を信幸公と信繁が国分寺まで追い討ったのち、徳川勢を神川まで追い詰めました。
追い詰められた徳川勢は、水かさが増えていた神川を渡ろうとしてさらに兵を失ってしまいます。
その後、神川付近で両者一進一退を繰り返したが、夕暮れを迎えて、真田勢は兵を引き上げました。

丸子城の戦い・第一次上田合戦終結へ

翌3日、上田城を直接攻撃することは難しいと考えた徳川勢は、その矛先を丸子城の攻略に変更しました。
これを見た真田勢は、敵を欺こうと海野から八重原の下を通り塩川の手白塚に軍を進め徳川勢を牽制し、両軍一進一退の攻防を繰り返し、戦線はこう着状態に陥りました。

また真田勢は、市の町砦と尾野山城にも移動しました。

丸子城を攻撃しようとした徳川勢は、丸子河原で真田勢と激しく戦ったが、丸子城を落とすことが出来ずに、にらみ合いが続きました。両軍こう着状態の9月13日、徳川家康の命により井伊直政ら五千の軍勢が着陣しました。

その後、徳川家康の重臣石川数正が突如豊臣秀吉に寝返ったので、11月11日、徳川勢は引き上げを開始します。小諸城には、真田の押さえとして大久保忠教を残して三ヶ月に渡る第一次上田合戦は終結しました。

現在の神川

現在の神川

上田市東部を南北に流れる神川と千曲川との合流する地点には、現在、のぼり旗や横断幕が掲げられています。
真田軍に神川附近まで追い詰められた徳川軍は大打撃を受けたと伝えられています。

講演会「上田軍記にみる真田家と二度の上田合戦」

上田市マルチメディア情報センター

【真田三代の歴史】の人気コンテンツ

うえだで!! 週間人気ランキング

まだデータがありません。

以前ご覧になった記事

うえだで!!

このページのトップへ