真田信幸(信之)公(さなだのぶゆき)上田藩から松代藩まで、真田氏として最後まで尽力した名君

真田信幸(信之)公(さなだのぶゆき)

真田信繁(幸村)公の兄 真田信之(信幸)公とは、どのような人物だったのでしょう。

 

真田信之公の肖像画

真田信之公の一生

父真田昌幸公・弟信繁公と別れ、徳川勢につき、必死に真田の御家を守り、上田藩やその後の松代藩を築き上げた手腕はすばらしいものです。

真田信之公と徳川家康の書状

上杉景勝征伐の際に、真田昌幸公・信繁公が大阪方につき上田へ戻り、信之公が残ったことに家康が賞する書状を送っています。

その後、徳川家康は真田信之公の忠信が嬉しく、上田の地を信之公に与える内容の書状を送りました。

 

【真田三代の歴史】の人気コンテンツ

うえだで!! 週間人気ランキング

以前ご覧になった記事

うえだで!!

このページのトップへ