信濃国分寺

第二次上田合戦の時、徳川軍についた真田信之と本多忠政が真田昌幸に上田城明け渡しを迫った場所が信濃国分寺です。 真田昌幸公は上田城明け渡しを受け入れるかのように見せかけ、返事を数日のばし、その間に戦闘準備をしていたといわれています。

信濃国分寺(しなのこくぶんじ)は奈良時代、鎮護国家を願う聖武天皇によって全国に建立された国分寺の一つ。境内には薬師如来を安置した本堂、三重塔・大黒天堂・鐘楼・観音堂・地蔵堂・宝蔵などの堂塔伽藍があり、特に和唐折衷様式の三重塔は国の重要文化財に指定されています。

毎年1月7・8日に行われる縁日は八日堂(ようかどう)と呼ばれ、蘇民将来符とよばれる護符や、ダルマなどの縁起物を買い求める参拝客で賑わいます。

【お祭り・イベント】信濃国分寺八日堂縁日【1月上旬】

7月上旬には、信濃国分寺北側の蓮池の蓮の花が見ごろを迎え、「蓮のフェスタin信濃国分寺」が開催されます。ミニコンサートや草花、農産物の販売などが行われます。

信濃国分寺資料館

奈良時代に建立された信濃国分寺跡で、原始・古代の資料を公開しています。昭和30~40年代にかけて大規模な発掘調査が行われ、国分寺の貴重な遺構が出土されました。その関連資料を中心に、平安時代までの考古資料や模型、写真パネルなどが展示されています。資料館周辺は信濃国分寺跡史跡公園として整備されています。

上田のお宝発見「信濃国分寺本堂」

youyube 上田市行政チャンネル

上田のお宝発見「信濃国分寺跡」

youyube 上田市行政チャンネル

信濃国分寺の情報・アクセス

信濃国分寺

住所 〒386-0016 長野県上田市国分1049

お問い合わせ・連絡先

電話 0268-24-1388
WEBサイト Webサイト

【真田ゆかりの名所】の人気コンテンツ

まだデータがありません。

うえだで!! 週間人気ランキング

以前ご覧になった記事

うえだで!!

このページのトップへ