信綱寺

長篠の合戦で討死した真田信綱公がねむる寺

信綱寺(しんこうじ)境内には真田信綱公夫妻・昌輝公の墓があり、宝物館には長篠の合戦で討死した信綱公の首級を包んだとされる、血染めの陣羽織などの歴史的遺品が数多く保蔵されています。
真田信綱公は真田幸隆公の長男として生まれ、父の死後家督を継ぎますが、天正3年長篠の合戦で、弟昌輝公(幸隆公の次男)と共に戦死しています。信綱公の首は、家臣の白河兄弟の手によって真田に持ち帰られたといわれています。
(収蔵品拝観希望の場合は事前に連絡が必要です)

歴史の丘

赤色の石によって作られた六文銭旗は、真田氏の歴史上重要な戦いが表現されています。(奥から長篠の合戦、関ヶ原の合戦、大坂の役)

「真田信綱の墓」上田のお宝発見(上田市行政チャンネル)

信綱寺の情報・アクセス

信綱寺

住所 〒386-2201 長野県上田市真田町長8100

お問い合わせ・連絡先

電話 0268-72-2043

【真田ゆかりの名所】の人気コンテンツ

まだデータがありません。

うえだで!! 週間人気ランキング

以前ご覧になった記事

うえだで!!

このページのトップへ