山家神社

真田一族をはじめとした歴代の上田藩主に深く崇敬された神社

山家神社(やまがじんじゃ)は古くからこの地域の産土神(守り神)・水分の神(みくまりのかみ)とされ、上田城落成後は鬼門除けの神として真田一族をはじめとした歴代の上田藩主に深く崇敬された神社です。
平安時代の「延喜式神名帳」という朝廷の台帳にも載せられている由緒ある神社で、古くは養老年間(717-724)に修験者「浄定」が四阿山に山家神社の奥宮を建立し、四阿山(あずまやさん)を神体としていました。
二の鳥居の前にある石灯篭は貞享3年(1686年)に奉納されたものとされており、社殿前には三つ巴紋と六文銭がついた鬼瓦が置かれています。

上田のお宝発見「山家神社~社叢(しゃそう)~」(上田市行政チャンネル)

Youtubeアプリで見る。(スマートフォン・タブレットのみ)

真田の郷周遊観光バスを利用して山家神社へご参拝

sanada-shuyu-bus

真田一族発祥の地をめぐる真田エリアを周遊する循環バスです。長野県上田市真田町のゆきむら夢工房より発着の「真田の郷周遊観光バス」を利用して、山家神社へ向かうことができます。
ゆきむら工房から各所をめぐり約26分で山家神社へ到着します。
山家神社からゆきむら工房までは各所をめぐり約14分で到着します。

真田の郷周遊観光バス 長野県上田市真田エリアの真田一族発祥の地をめぐる循環バス

山家神社の情報・アクセス

山家神社

住所 〒386-2201 長野県上田市真田町長4473−ロ−2

お問い合わせ・連絡先

電話 0268-72-5700

備考

【駐車場】 駐車場あります。徒歩1分。 【交通アクセス】 JR上田駅から山家神社まで、自動車で約30分

【真田ゆかりの名所】の人気コンテンツ

まだデータがありません。

うえだで!! 週間人気ランキング

以前ご覧になった記事

うえだで!!

このページのトップへ